【おねがい社長】リセマラは必要?無課金攻略はできる?

おねがい社長

放置系ゲームでありながら企業をするという異色のゲーム、お願い社長。

この手のゲームについて気になるところと言えば、リセマラの必要有無。

果たしてこのゲームは、リセマラを要求されるゲームなのでしょうか。

また、無課金で攻略できるかどうかも、ゲームをプレイする前に知りたいところ。

そこで今回は、リセマラの有無と併せて、無課金で攻略できるかどうかも解説していきます。

お願い社長 リセマラの必要はある?

結論から言えば、お願い社長でリセマラをする必要はありません。

そう断言できる理由は、「ガチャはあるものの、そこまで重要ではない」から。

お願い社長でのガチャはルーレット形式のもので、内容こそ高級車や人材、スカウトチケット等と盛りだくさんですが、絶対に必要というものではありません。

この手のゲームはコツコツと時間をかけて規模を大きくしていくという醍醐味がありますから、ゆっくりとダイヤを集めて貯まったら回してみるという方法を取ると、気楽にできるというメリットがあるでしょう。

リセマラをしたい場合

 

仮にどうしてもリセマラをする場合、ある程度ストーリーを進める必要があるため、まずはストーリーを進めることが大事となります。

ガチャは始めから解放されているわけではなく、わかりにくい場所にあるため、場所についても知っておくことも大事。

まずストーリー1章クリア程度まで進め、ガチャの欄を出現させます。

ガチャの欄はトップ画面左上、「ボーナス」の欄に開放されます。

「特典イベント」と銘打たれた画面の中に開放されており、ダイヤ50個で単発、480個で10回引くことが可能。

しかし、ガチャは1日1回無料で引くことが可能なので、リセマラをするのであれば無料単発だけ引き、アンインストールをすることをおすすめします。

運よくスカウトチケットや高級車が当たれば、それだけ攻略が有利に進むことでしょう。

お願い社長 無課金で攻略可能?

お願い社長は無課金でも十分に攻略することが可能です。

課金要素はあるものの、無課金でゆっくりと時間をかけてプレイしていけば、自ずと攻略がスムーズになっていくはずです。

お願い社長は放置系シミュレーションゲームなので、放っておいても勝手に進んでいるという特徴を持っているので、お金を賭けたくない場合には焦らずプレイしていきましょう。

どうしても欲しいアイテムや人材がいる場合は、課金をすることで早めに獲得することができます。

お願い社長の課金要素は、ダイヤの購入と月額会員の2つ。

ダイヤは課金通貨であり、120円で60個、12000円で6480個のダイヤを獲得することが可能。

ダイヤはガチャの他、特別パックと呼ばれる特定のアイテムが入手できるパックも用意されています。

また、月額会員も課金をすることでなることができ、シルバー会員とゴールド会員に分かれています。

シルバー会員は610円/月、ゴールド会員は1600円/月という金額設定。

シルバー会員になればダイヤを100個/日と水木七海という人材、ゴールド会員になるとダイヤ150個/日と星野きららという人材を獲得することが可能です。

水木七海はスパーを経営しているという設定のため、スパに派遣すると収益が上がり、星野きららは店舗に派遣すると収益が60%向上するというメリットがあります。

どちらも収益が上がるというメリットがあるので、課金できる場合は狙ってみると良いでしょう。

まとめ

以上、リセマラの必要性と無課金攻略の可否について解説しました。

まとめると、次の通りです。

  • お願い社長はリセマラの必要なし
  • 無課金で十分に遊べる

お願い社長はリセマラや課金しなくても問題なく遊べます。

お願い社長は放置系シミュレーションゲームになるので、気長にゆっくりと遊ぶと良いでしょう。

ここで最後に・・・

無課金派のあなたに超絶おすすめしたい、無課金でも楽しめる神ゲーを紹介したいと思います(^▽^)/

アカシッククロニクルという最近リリースされた放置系RPGなのですが、これがまたやりごたえがすごい!



放置ゲームのため放置している間にも経験値がどんどんたまっていくので、アプリを開くのが楽しみになります♪

あと、放置系はバトルが単調になりやすいのですが、このアカシッククロニクルはド派手なアニメーションがあったりとスパイスが効いてて◎!

しかも今ならチュートリアル完了で無料50連ガチャが引けるので、無課金でも始めやすいのがうれしいですね(⌒∇⌒)



もちろん完全無料でダウンロードが出来ますので、ぜひ一度試しにプレイしてみてもらえると嬉しいです!

>>アカシッククロニクルの無料ダウンロードはこちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました