ヘッドボール2無課金!裏技や小ネタを紹介!チートはできるの?

ヘッドボール2

ヘッドボール2を無課金で攻略する情報をお届けします(゚∀゚)

今回ご紹介するのは裏技やチートについて……!

ゲームでは『裏技』や『チート』などの言葉をよく耳にしますが、ヘッドボール2にもそういった要素があるのかどうか、順番に確認してみましょう(`・ω・´)

ヘッドボール2無課金攻略!裏技はあるの!?

まずはヘッドボール2に裏技はあるのかどうか、ですが……現時点で裏技らしいものは確認されていません!

ゲームの裏技というと『隠し要素』や『システムの穴をついたテクニック』などがありますが、現段階では特にそういったものは見つかっていません(´・ω・`)

そもそもヘッドボール2はインターネットを使ったリアルタイム対戦がメインのゲームなので、隠し要素やシステムの穴をつくような小技の入る隙間が無いような印象です。

1ゲームも短時間で終わるようなシンプルなゲームなので、課金してガッツリと上位を目指すプレイはもちろん、スキマ時間だけ気軽に無課金で楽しむようなプレイもできるゲームですね(´∀`)

また、裏技とは少し異なりますが、オンライン対戦特有のネットワークエラーによる軽度の不具合はいくつか確認されています。

Wi-Fiが点滅しているなどインターネットの回線が不安定な状態だと、キャラクターが上手く操作できないようなラグが起こったり、ボールがキャラクターをすり抜けていったりといった現象が起こるようです。

劣勢が続いて意図的に回線を落とすといった行為をするユーザーもなかにはいるようですが、対戦途中で回線落ちしてしまうと負けとなってしまうので、ヘッドボール2をプレイするときは回線環境には気をつけておきたいですね!

続いてはチートについて確認してみましょう(`・ω・´)

ヘッドボール2無課金攻略!チートは存在する!?

まず結論からお伝えすると、ヘッドボール2にもチートは存在します。

『チート(cheat)』とは、直訳すると『騙す』や『欺く』といった意味の言葉です。

ゲームに対して使うときは『チート行為』のような表現で使われることも多いですね。

具体的にはゲームのプログラムなどを改変して、正規の方法でプレイをせずに利益を得るような不正行為のことをさします。

プログラムをいじってキャラクターレベルを瞬時にMAXにしたり、ゲーム内通貨を大量に入手したり、試合結果を操作する等は全てチート行為ですね(´・ω・`)

もちろんチートはどんなゲームであってもやってはいけない違反行為です。

本来とは異なる遊び方を無理やりされたら運営さんもたまったものじゃいないですよね(´・ω・`;)

また、気をつけていただきたいのが、ヘッドボール2は海外ユーザーも多いためか、怪しげな海外のサイトが複数存在します。

「アカウント名と使用している端末を選択するだけで、無課金でもコインとダイアモンドが無限に手に入る~」といった感じの、怪しさ満点なものなどです(゚д゜;)

怪しい外部サイトや外部ツールなどを利用して不正をおこなうことも、もちろんチート行為になります。

公式的に導入された隠し要素などの裏技類とは違い、ユーザー側で勝手にデータを改ざんするなどは、ゲーム運営会社から損害賠償請求されることもある違法行為なので、チートは絶対にしないようにしましょうね(`・ω・´)

まとめ

  • ヘッドボール2に裏技は今のところ無い!
  • 通信の不安定さで、ボールのすり抜けや操作ラグなど軽度の不具合は起こることがある!
  • ヘッドボール2にチートは存在する!
  • チートとは不正をして利益を得るような違反行為のこと!

ヘッドボール2はチートなどをしなくても、無課金でも十分に遊べるゲームです(´・ω・`)

プレイをしていくうちにレベルもちゃんとあがっていくので、焦らず自分のペースで楽しく遊んでいきましょうね!

ここで最後に・・・

無課金派のあなたに超絶おすすめしたい、無課金でも楽しめる神ゲーを紹介したいと思います(^▽^)/

アカシッククロニクルという最近リリースされた放置系RPGなのですが、これがまたやりごたえがすごい!



放置ゲームのため放置している間にも経験値がどんどんたまっていくので、アプリを開くのが楽しみになります♪

あと、放置系はバトルが単調になりやすいのですが、このアカシッククロニクルはド派手なアニメーションがあったりとスパイスが効いてて◎!

しかも今ならチュートリアル完了で無料50連ガチャが引けるので、無課金でも始めやすいのがうれしいですね(⌒∇⌒)



もちろん完全無料でダウンロードが出来ますので、ぜひ一度試しにプレイしてみてもらえると嬉しいです!

>>アカシッククロニクルの無料ダウンロードはこちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました