【あの頃の夏休み】リセマラと序盤の進め方について!

あの頃の夏休み

まるで「ぼくの夏休み」のようなのんびりとした体験を行うことができる、「あの頃の夏休み」。

今ではこうした経験する機会が少なくなったので、人によっては懐かしさを感じることでしょう。

しかし、このゲームにはリセマラが必要かどうか気になるところ。

また、序盤の進め方についても気になる方は多いでしょう。

今回はリセマラの必要性と序盤の進め方について解説していきます。

あの頃の夏休み リセマラの必要性は?

結論から言えば、あの頃の夏休みではリセマラの必要性はないでしょう。

その理由は、このゲームではガチャに該当する「くじ引き」の重要性はそこまで高くないからです。

くじ引きではお出かけに使う食べ物やアイテムを獲得することができますが、これらの食べ物やアイテムはすぐに買うことが可能。

お金についても広告を観たり、ホーム画面のモブキャラクターをタップすれば、割と簡単に手に入ります。

つまり、わざわざリセマラをしてくじ引きをたくさん引くより、そのままお金をたくさん集める方がよっぽど効率的だと言うことです。

このゲームでは、スマホゲームでよくある「高レアリティのキャラクターを序盤から使うためにリセマラをする」こともありませんし、特にリセマラの必要性も感じません。

ゲームスタートからはそのまま進めるのが良いでしょう。

あの頃の夏休み 序盤の進め方

あの頃の夏休みの序盤の進め方は、次の手順です。

  1. 食べ物やアイテムを持たせて主人公を外出させる
  2. 帰ってきた主人公の思い出を確認し、アイテムを収集
  3. お金やくじ引き等で、アイテムを集める

1.食べ物やアイテムを持たせて主人公を外出させる

このゲームの一番大事なところですが、まずは主人公を外出させることから始めます。

食べ物や虫取り網等アイテムを持たせると、主人公は外出していきます。

このゲームの面白いところは、「持たせる食べ物やアイテムによって外出先が変わる」という点。

つまり、持たせる食べ物を変えることによって、主人公を狙った場所に向かわせやすくなるということです。

食べ物やアイテムをうまく使って、向かわせたい場所に向かわせると良いでしょう。

2.帰ってきた主人公の思い出を確認し、アイテムを収集

主人公は外出に向かうと、しばらく時間が経過すれば帰ってきます。

帰ってきた主人公は様々な体験を行い、それを報告してくれます。

また、向かった先で様々なアイテムを拾ってくることもあるので、それを回収していきます。

あの頃の夏休みには様々な登場人物がいますので、登場人物との掛け合いを楽しむことができるでしょう。

また、たまに虫を捕まえてきたりするので、コレクションを埋めていくということも大事な作業。

昔懐かしい夏休みを、ゲームで体験できるはずです。

3.お金やくじ引き等でアイテムを集める

あの頃の夏休みでは主人公が出かけられないと何も起きませんので、お金やくじ引き等で食べ物等を集めることが大事になります。

お金は帰ってきた主人公や、ホーム画面に登場するモブキャラをタップすると手に入れることが可能になります。

くじ引き等はくじ券5枚で引くことが可能になります。

ランダムで1~4等が当たりますが、それぞれの等級でアイテムが当たりますので、5枚集まったら積極的に回してみると良いでしょう。

まとめ

以上、あの頃の夏休みのリセマラや序盤の進め方について解説しました。

まとめると、次の通りです。

  • あの頃の夏休みではリセマラの必要性は無し
  • まずは主人公を外出させるのが最優先
  • くじ券やお金集めも忘れずに

あの頃の夏休みはリセマラの必要性がありませんので、ゲームをスタートしたらそのまま進めると良いでしょう。

放置していても問題なくゲームは進みますので、時間をかけてゆっくりと進めると良いと思います。

ここで最後に・・・

無課金でも超絶楽しめる、おすすめ神アプリを一つ紹介したいと思います!

今年の3月にリリースされたばかりの新作、「今三国志」



三国志を扱ったスマホゲームは多いですが、ゲームタイトルに「今」とつけているだけあって今までの三国志ゲームでは見られなかったような仕組みがあって地味にハマります(笑)

個人的に特にびっくりしたのが、バトルシーン。

スマホRPGの戦闘シーンって平面でのっぺりしたものがほとんどですが、今三国志は戦闘シーンが3Dで進んでいくので見ごたえがかなりすごいです。スマホなのにびっくり。



歩兵の動きまでリアルにぬるぬる動いていて、かなり細かいところにまで力を入れているんだなぁと感心。

映像だけではなくて、気候だったり陣形を考えた戦略を立てないといけないという戦略性の高さも、本当の戦争をしているんじゃないかというくらいにのめりこみます。

もちろん無料でプレイできるので、一度試しにダウンロードしてみてくださいね!

→今三国志の無料ダウンロードはこちらから

タイトルとURLをコピーしました